接骨院の上手な通院方法

レントゲン・MRIに映らない症状は 接骨院におまかせください!

病院や整形外科が専門とする交通事故治療

手術や骨折といった交通事故の中でも、ケガの度合いが大きい場合、病院や整形外科で診てもらうことが一般的です。

これらの医療機関には、通常レントゲンやMRIといった精密測定機器が設けられ、ケガの具合が正確に判断できるからです。
また、ケガの症状が重いと、大きな痛みを伴いますが、病院や整形外科では痛み止めを処方してもらえるので、辛い痛みや我慢できない痛みをお持ちの方には重宝されます。

保険の請求の際には医師の診断書が必要となるので、交通事故に遭ったら、まず病院や整形外科などの医療機関で診断を受けることをお勧めします。

接骨院が専門とする交通事故治療

接骨院では、鞭打ち症(腰椎捻挫)、腰痛(腰部捻挫)、打撲、捻挫、肉離れなど、レントゲンやMRIでは探知しにくい症状や、患者様にしかわからない痺れ、目眩、頭痛といった症状にも対応しています。

患者様との問診や検査に十分な時間を確保し、痛みの原因を探ります。 当院には、筋骨格系を専門とした柔道整復士という国家資格を有したスタッフがおりますので、上記のような症状にも幅広い知識と技術をもって適切な施術を施せます。
また、患者様をお待たせしないよう待ち時間の短縮や休日・夜の診療も承っております。 患者様お一人お一人ののニーズに合わせ、柔軟に対応できるのも接骨院だからこそできることです。

接骨院と医療機関(病院・整形外科)を併せてご利用の場合

接骨院や医療機関(病院・整形外科)には、それぞれに得意・専門とする治療分野があります。 両方の治療をうまく取り入れることで、事故のケガ・後遺症からの早期回復・早期改善が望めます。 以下に、交通事故治療の一連の流れを掲載いたしました。 ベストな治療法を模索する上でご参考になればと思います。

1.交通事故に遭ってすぐの場合

交通事故後、すぐに痛みを感じた場合は、医療機関(病院・整形外科)で診察してもらうことをお勧めします。 少しでも違和感・痛みを感じた場合は、レントゲンを撮ってもらいましょう。患者様ご自身の訴えがないと適正な治療を施してもらえない場合もあります。事故後、しばらくして痛みを感じた場合も必ず医師による診断を受けましょう。

2.症状による通院方法

骨折・骨折後のリハビリ
医療機関(病院・整形外科)で骨折と診断された場合、経過を見ながら治療を続けます。 ギプスが外れた後は、リハビリ治療に移行します。 一方、接骨院では、手技・筋力トレーニング、ストレッチを中心にした治療をおこないます。 患者様は医療機関で経過を見てもらいながら、接骨院ではリハビリの治療を受けることができます。
鞭打ち・腰痛
鞭打ちや腰痛の症状は、しっかりと完治させなければ、後遺症として残る場合があります。 接骨院では、レントゲンやMRIで発見できない痛みや異常を、医療機関(病院・整形外科)とは違うアプローチで探知し、改善します。 医療機関(病院・整形外科)では、定期検査を実施し、事故後の身体の経過を観察します。 医療機関での治療が終われば、接骨院に通い、後遺症に残らないよう徹底した治療を受けます。

他院からの転院

交通事故の治療は、医療機関(病院・整形外科)、または接骨院のどちからで受けるのが一般的です。 しかし、医療機関の治療では、投薬や電気など、目に見える症状や痛みを和らげることに焦点が置かれ、患者様ご自身が感じている痛みや不調に対しては、「満足のいく治療をしてもらえれていない」と感じている方が多いようです。 このような時は、迷わず受診されることをお勧めします。

医療機関の選択は患者様ご自身の判断で

治療院選びは患者様のご意思 医療機関(病院・整形外科)での治療に満足できず、当院に足を運ばれた患者様が多くいらっしゃいます。

そんな方へ、当院からお伝えしたいことがあります。
それは 「医療機関の選択は患者様ご自身が決めること」 ということです。 もし治療に満足のいく結果が得られなかったら、現在治療中の医療機関や保険会社に遠慮する必要は一切ありません。それよりも、ご自身の意思と身体の声を優先させてください。

これまで、保険会社との複雑な手続きや、断ることへの気まずさから併院・転院を断念された患者様を多く見てきました。その度に「あきらめる必要はなかったのに・・・」と悔しい思いをしたことが何度もあります。 そのような思いから、当院の患者様には、自由で気兼ねない治療を受けていただけるような診療体制を整えました。

今の治療に満足していない方、疑問符をもたれている方、お気軽にお問い合わせ下さい。